賃貸のお部屋探し!おすすめブックマーク

    最低限の設備は生活の基盤

    理想の住まいとは、家に帰って寝るだけの独身サラリーマンやOL、新婚さん、家族たくさんファミリー、老夫婦など、人それぞれの生活パターンによって違うと思います。

    どんな生活スタイルでも便利かつ理想的な設備を挙げると、まず、オール電化。やはり、キッチンの掃除が楽なことと、光熱費が安くなること。

    そして、浴室乾燥暖房機。雨の日のときはもちろん、人に見られたくない下着を干せる点はグッドです。また、バスタオルやGパンなど厚手の洗濯物でも夜干しておいたら朝にはきれいに乾いているので、これからの新築賃貸住宅には必須だと思います。

    あとは、TVモニター付きのインターホン。
    物騒な世の中です。誰が来たかもすぐにわかるし、セールスなどの出たくない相手なら無視できます。
    そして、見逃しがちなのが、窓ガラスのペアガラス(二重サッシ)。

    冷暖房の効きがよく、光熱費削減にも一役買ってくれます。結露対策にも効果的です。

    そして、最後にトイレの暖房便座ウォシュレット。これは最近ではついていて当たり前にもなってきました。使わないこともありますが、やはりあるにこしたことはないです。

    理想と現実は違いますが、最低限の設備は生活の基盤になります。暮らしを楽しめることにもつながるので、少しでも良い設備の中で生活したいものですね。

    参考にしよう!賃貸情報ホームページ